ご挨拶

大津北商工会 会長  細川 源太郎

平成29年度 会長挨拶

会員の皆様には、日頃から商工会の様々な活動につきましてご支援及びご協力を賜っていることに対し、心よりお礼申し上げます。
 さて皆様もご承知のとおり、当商工会は平成23年4月1日に旧堅田商工会と旧志賀商工会とが合併し、大津北商工会として新たな一歩を踏み出してから早くも7年目を迎えることになりました。
 この間、平成23年合併直前の3月11日には東日本大震災が東北地方を中心に甚大な被害をもたらし、昨年4月には九州熊本で震度7を2回も観測する強い地震が発生し、大地震は国内どこにでも起こりうることであり、改めて日ごろの心構えと避難訓練の重要さを示しました。一方政治の場においては、平成24年12月に民主党から自民党に政権が移り政権交代の時代に入ったかに見えましたが、現在では、ご案内のとおり歴代内閣最長の可能性も議論される程、安定した政権運営が続いています。
 また、政府発表の経済見通しでは、雇用及び所得環境が引き続き改善し経済の好循環が進展する中で、民需を中心とした景気回復が見込まれるとしていますが、一方で、特に中小企業においては、新規開業の停滞や生産性の伸び悩みに加えて、経営者の高齢化や人材不足の深刻化といった構造的な課題が進行している、とも指摘しています。
 このような中、当商工会では会員の皆様に対し、平成27年に改訂した「三方よしプラン」を実践しつつ、経営計画づくりに重点を置いた「経営発達支援計画」に基づき、経営方針及び事業計画の策定とその実践を着実に支援することにより、会員事業所の経営の安定化と地域経済の活性化を図り、そして新規創業及び第2創業への支援や既存事業所への販路開拓、さらに特産品の開発を促進していきたいと考えています。またこれらを着実に実践していくためには、職員の意識及び能力の向上にも積極的に取り組んでまいりたいと考えていますので、会員の皆様方には、益々のご協力をどうぞよろしくお願いします。
 以下、主な事業方針について記載いたします。

【重点事業】
1 経営改善普及事業の実践強化と認定支援機関としての機能発揮
(1)中小企業経営力強化支援法に基づき、経営革新等支援機関としての機能を強化し、その実践を図っていきます。
(2)「三方よしプラン」(大津市北部地域活性化計画)及び最重点計画と位置付けている「経営発達支援計画」に基づき、会員事業所への伴走型経営支援に取り組んでまいります。
(3)「行きます 聞きます 提案します」をスローガンとして、会員事業所の経営にかかる悩み等ご相談をお受けし、それらの解決策等についてご提案させていただきます。
(4)創業をめざす方々への指導・助言や創業者、第2創業への支援に取り組んでまいります。

2 会員にメリットのある商工会活動の実施
 国、県、市の各施策や制度にかかる情報提供を積極的に行うとともに、展示会への出展等販路拡大事業について、商業部会、観光サービス業部会、工業部会、建設業部会や青年部、女性部(以下「部会等」という。)を通じて、以下の項目に取り組んでまいります。
(1)各種研修会の実施による経営知識の向上及び展示会への出展等販路拡大
(2)伝統技術や新規開発技術とそれらの製品、優良事業所等にかかる紹介や表彰推薦
(3)インターネットやマスメディア等の利用についての相談やコンテンツ等の制作指導
(4)ホームページや地域振興事業等を通じた会員事業所の販売促進とPR
(5)ホームページ、会報等による各種情報発信

3 商工会の組織の充実及び職員執行能力の向上を図る
 各支部、各部会、各委員会における活動を促進し、各々が連携し地域に根ざした体制づくりを目指すことにより、組織の強化及び充実に努めてまいります。
 また、商工会会員が受ける利便及びメリットについて広くPRするとともに、創業される事業者や未加入者にも積極的に勧誘を推進し、会員数の増強を図ります。
 一方、商工会が果たすべき役割に対し的確に執行するために、職員の意識及び執行能力の向上に一層取り組んでまいります。



4 地域活性化の推進
 地域経済の活性化と会員事業所の経営安定化、管内住民の安心安全な生活の確保に資するため、大津市北部地域活性化計画に基づき関係団体と連携し、以下の事業に取り組んでまいります。
(1)地域振興事業の推進
 ・「堅田湖族にぎわい市」の活性化と定着
 ・「ふれあい志賀夏まつり」や「大津志賀花火大会」、「遣隋使小野妹子のふるさと和邇」等各事業関係団体と連携・協力
 ・「大津北農商工フェア」等レーク大津及び農業者との連携の推進
 ・管内大学と連携した事業の推進
 ・道の駅「妹子の郷」との連携及び支援
(2)地域特産品の開発
 地元産品を原材料として新たに特産品を開発し、商品化に努めるとともに、販売促進を通じて地域や特産品の知名度の拡充を図ってまいります。
 「びわ小町プリン」、「菊芋せんべい」、「菊芋の漬物」等
(3)地域貢献事業の実施
 ・管内大学との連携による自主事業の実施
 ・比良げんき村における指定管理者としての適切な管理及び運営
 ・堅田及び志賀観光協会との連携によるインバウンドへの対応

5 行政、他団体との連携
 市北部地域の活性化と会員事業所の経営の安定化に資するため、市内の経済団体や地域自治連合会等との連携を図るとともに、県及び大津市等行政機関への要望活動や懇談会等を展開してまいります。
(1)行政懇談会等の開催と行政への提言、要望
(2)市内経済団体等との連携
  大津商工会議所、瀬田商工会、高島市商工会との連携
(3)JAレーク大津との連携
  農・商工連携の推進

 

 商工会は、主として市町村単位で商工業の総合的改善発展を図るとともに、社会一般の福祉に増進することを目的として、「商工会法」に基づき設立された「特別認可法人」です。
 商工会は、地域商工業者の経営支援や地域経済の活性化を図るための様々な活動を行っており、「経営改善普及事業」と「地域総合振興事業」を展開しています。

経営改善普及事業
 小規模事業者等の経営や技術の改善発達を図るための事業で、金融・税務・経営・労務などの相談や支援をするとともに、商店街の空き店舗対策や特産品開発事業、また、事業承継など地域活性化のための様々な事業を行っています。

金 融
 日本政策金融公庫や滋賀県並びに市制度融資を取り扱っています。

記帳・税務
 帳簿のつけ方から経理の仕方について相談に応じます。また、インターネットを利用した記帳業務のサポートや、確定申告時期には税理士による税務個別相談も実施しています。

経 営
 事業者が必要な経営知識や技術などに関する情報を提供するために、各種講習会や研修会などを開催しています。また、高度・専門的なご相談については専門家を派遣し、経営改善のサポートをします。

労 務
 労働保険のご相談や事務代行を行っています。

共 済
 各種共済制度を取り扱っています。
  セーフティネット共済 ... 取引先に不測事態が生じた時の資金手当て制度
  小規模企業共済 ... 事業主(共同経営者)及び役員のための退職金制度
  中小企業退職金共済 ... 従業員のための退職金制度
  商工貯蓄共済 ... 貯蓄・保障・融資がセットになった共済制度
  中小企業PL保険 ... 製造や販売した製品等による事故の賠償制度
  経営者休業補償制度 ... 病気やケガで働けない間の所得保障
  火災共済・自動車事故費用共済 ... 万が一の火災や交通事故の共済制度
  大型共済制度 ... 万が一のケガに対する補償制度
  商工傷害共済 ... ケガに対する保障が手厚い共済制度

地域総合振興事業
 地域の『総合経済団体』として、豊かな地域づくりと商工業振興のため、意見活動、まちづくり、社会一般の福祉の増進など、様々な事業に取り組んでいます。また、各種イベント開催を通じて商工業者の振興を図ることで地域の活性化に積極的に取り組んでいます。

部会活動
 業種別の会員で組織する業種部会は商業部会・観光サービス業部会・工業部会・建設業部会を設置し、事業発展や資質向上を図るための各種研修会や部会員の情報交換・親睦交流会、地域活性化事業等を実施しています。

支部活動
 堅田、仰木、葛川・伊香立、真野、小野・和邇、木戸、小松の7支部を設置し、会員相互の連携強化と会員参加機会の拡大を図っています。

青年部・女性部活動
 若手経営者・後継者の集まり「青年部」と、経営の一翼を担う女性たちの集まり「女性部」があり、人脈づくりに役立つとともに、各種研修会や地域振興事業、地域貢献活動、親睦事業などを行い部員の資質向上と地域の活性化を図っています。

行政機関等との連携と意見具申
 地域商工業者の実態とニーズを的確に把握しつつ、関係機関、関係団体との意見交換会の実施や行政機関への意見具申を行い、地域商工業の発展や地域活性化を図ります。

本所・堅田支所
〒520-0242 滋賀県大津市本堅田三丁目7-14
TEL:(077)572-0425  FAX:(077)572-1140

志賀支所
〒520-0514 滋賀県大津市木戸130-3
TEL:(077)592-0076  FAX:(077)592-0161