労働保険とは、労働者災害補償保険と雇用保険を総称した保険です。
労働保険は、強制的な保険ですので労働者を一人でも雇用する事業主は労働保険に加入しなければなりません。
 商工会は、労働大臣の認可を受けた労働保険の事務組合です。
事業主の方は、商工会へ事務委託をすれば、保険料の申告等事務の手間が省けて大きなメリットがあります。

・ハローワーク(公共職業安定所)へ足を運ぶ必要がなくなります。
・商工会へ事務委託すると、労働保険の手続きのわずらわしさや事務的負担が解消されます。
 例えば、従業員の採用・退職にかかる雇用保険の手続きも所定の用紙に記入していただくだけで、ハローワーク(公共職業安定所)への届出事務は商工会で行います。
・事業主や家族従業員も労災保険に加入できます。(※特別加入制度)
通常は、労災保険に加入ができない事業主や家族従業員も労働保険事務組合へ事務委託すると、労災保険に特別に加入することができたり、保険料の納付も3分割することができ、安心して事業に専念していただくことができます。
 
※ 特別加入制度は労働保険事務組合でしか取扱できない制度です。